東日本大震災によせて


「日本をつなぐフリーマガジン志縁」 第9号 2015年3月11日発行!
東日本大震災は、まだ終わってない。
あれから4度目の3月11日を迎えるにあたり、東日本大震災の被災地の方々の「今」を伺いました。
スコップ団、そして青空応援団団長の平了氏のインタビューでは、スコップ団での震災直後のがれき撤去や泥かきの経験から、現在の青空応援団への想い「今この時代だからこそ『支援』ではなく、『応援』にこだわる意味」を語って頂きました。

全8ページ。全国10,000部発行。

お取り寄せのご希望はこちらから。

バックナンバーはこちらから。




「日本をつなぐフリーマガジン志縁」 第8号 2014年9月11日発行!
東日本大震災から3年半、9月11日に「日本をつなぐフリーマガジン志縁」第8号を発行致しました。
本号では、福島原発事故以前から原発の危険性を訴え続けて来た音楽家、Shing02氏との対談企画「志縁×Shing02」が実現。「放射能と戦う社会へ贈る提言」と題し、原発問題について長らく活動していらっしゃるShing02さんが、今だからこそ届けたい社会へのメッセージをご紹介致します。
また、福島県にお住まいの方々にマイクを向けた現地取材の模様をまとめた「福島の声」、宮城県岩手県で復興の想いを込めて制作されているものづくりの現場をご紹介する「復興工房」など、被災地の現在に迫る内容でお届け致します。
全20ページ。全国10,000部発行。

お取り寄せのご希望はこちらから。

バックナンバーはこちらから。




2014年3月11日 「日本をつなぐフリーマガジン志縁」 第7号発行
東日本大震災から3年を迎える本年3月11日に、「日本をつなぐフリーマガジン志縁」の第7号を発行致しました。
本号は、特集として、復興に向けて尽力する若者を紹介する「復興次代」を始め、好評の対談企画「志縁×(かける)」では震災直後から現在に至るまで、様々な形で支援活動を継続してらっしゃる京都の僧侶で、きょう3(京・共・協)代表の小西隨晟(ずいせい)さんとの対談を紹介致します。また、3月8日、9日に神戸にて行われるチャリティイベント「LOVEフェス3.11」を特別取材記事として掲載致します。
全28ページ。全国、20,000部発行(予定)。
バックナンバーはこちらから。




「復興次代 ON WEB」公開中!
日本をつなぐフリーマガジン志縁 第7号の特集「復興次代」のウェブ拡張版。本誌で紹介し切れなかった、復興の次世代の想いをまとめています。


フリーマガジン志縁 第6号

特集は「東北に会いに行こう -志縁が提案する東北の歩き方 宮城編-」。対談企画「志縁×(かける)」では、福島県富岡町出身のミュージシャン・渡辺俊美さんに故郷への想いを語って戴きました。
フリーマガジン志縁 第5号

「あれから2年ー。それぞれの誓い。」東日本大震災より2年後、2013年3月11日に発行。
フリーマガジン志縁 第4号

震災支援を取り巻く社会情勢の変化、志縁の内情変化を踏まえ、「再生」をテーマに誌面のデザインを刷新。

志縁デザインのグッズをホームページ上にて販売中です。グッズの売り上げは志縁の活動を通じて、被災地の復興に役立てられます。


復興次代の特設ページ。誌面では紹介し切れなかった、東北と関西の若者のインタビュー記事を掲載。
2年前を想う夜会







ご協賛のお願い
日本をつなぐフリーマガジン「志縁」の継続的な発行には、皆様からのお力添えが必要です。私たちの活動・理念・志に賛同して戴ける皆様からの「ご協賛・ご支援」を、なにとぞよろしくお願い致します。ご協賛に関しての詳しいお問い合わせにつきましては、kyousan@shien-web.comまでご連絡下さいませ。





フリーマガジン志縁 入手方法
フリーマガジン志縁は、全国150カ所以上に設置させていただいております。
設置場所 一覧
また、お取り寄せいただくことも可能です。郵送ご希望の方はこちらをご覧下さい。